プラセンタについて

プラセンタで副作用が起きる?様々な症状が出る原因とは

更新日:

しわやたるみが増えてきたとか、インナーケアでアンチエイジングしたいという女性から愛用されているのがプラセンタです。

ドリンクやサプリ、ゼリーなど、色々なタイプのプラセンタの健康食品があって、飲んでみたいという女性も多いですよね。

毎日、口にするものだから、副作用があるのかなど、安全性が気になりますよね。

そこで、プラセンタの副作用について紹介しましょう。

副作用ではなく「好転反応」が考えられる

病院や薬局から得られる「薬」とは違って、サプリやドリンクなどのプラセンタは健康食品です。

緩やかに体に作用して徐々に体質を変えてくれるものですから、基本的には副作用の心配はありません。

今現在、プラセンタ商品で重篤な副作用の報告はありませんから、心配しすぎはよくないですね。

副作用のような症状の多くは、プラセンタの好転反応ですから、体が慣れてしまえばすぐに症状は収まってくれるものです。

好転反応による辛い症状を避けるためには、最初は少なめの量から試してみて、体を慣らしていくのがおすすめです。

好転反応 - Wikipedia

腹痛や便秘など消化器系の症状

胃痛や腹痛、下痢や便秘など、プラセンタを飲むと消化器系の副作用のような症状が起きる場合もあります。

胃腸の弱い人で、錠剤や粒タイプのサプリを飲んでいる場合に多いケースですね。

お薬で胃腸が荒れて、消化器系のトラブルが出てしまうのと同じで、プラセンタサプリで胃腸に負担がかかってしまって、胃痛や腹痛などの症状が出てしまうんです。

改善方法として、食べ物が胃の中に入っている状態の食後にサプリを飲むようにしたり、飲む量を減らしてみることですね。

また、サプリタイプでなく胃腸に優しいドリンクタイプに変えてみるといいですね。

成長因子を含むプランセンタは、細胞の働きを活発にする作用があるんです。

血行を良くして体内の毒素を排出して、体が自ら元気で正常な状態になろうとがんばり始めます。

その影響で好転反応として胃痛や腹痛、下痢や便秘など、消化器系のトラブルが出てしまうんです。

ダメージを受けている部分や毒素がたまっている部分に、好転反応が出やすいんです。

胃が弱っている人なら胃痛や吐き気など、腸に毒素がたまっている人なら下痢や便秘などが起きてしまいます。

プラセンタサプリはいつ飲むべき?プラセンタサプリを飲む最適のタイミングとは

生理不順や生理痛など生理関係の症状

プラセンタの生理関係の副作用として、生理不順になった、生理痛がひどくなった、出血量が増えたなどがあります。

プラセンタはホルモンバランスを整える働きがありますから、こうした生理関係に影響を与えてしまう場合があるんです。

病院では生理関係の治療に、ホルモン療法としてプラセンタが使われているので、本来なら生理系の悩みを改善する効果があります。

ただし、人によっては効き目が強く出すぎてしまって、このような生理系の症状が強くなってしまう場合もありますね。

効き目の穏やかなサプリメントの場合は、必ずしも副作用というわけではありません。

好転反応として出ているケースの方が多く、しばらくすると落ち着いてきます。

その後、生理のリズムが整ったり、生理痛が和らいだりなど症状が軽くなってくれます。

症状が辛いなら、プラセンタの量を減らす、生理前後は飲むのを止めるのがおすすめです。

また、症状が長引いているようならプラセンタは中止して、医師に相談するようにしましょう。

安全で人気のプラセンタサプリおすすめランキング

ニキビや肌荒れなど肌トラブル

プラセンタを摂ってから、ニキビや吹き出物ができたり、肌荒れしやすくなったという人もいます。

これはプラセンタの好転反応の可能性が高く、数日も経つと収まってくれます。

プラセンタには皮脂バランスを整える働きもあります。

ホルモンの分泌が活発になりすぎたり、皮脂がたくさん分泌されすぎてしまって、毛穴が詰まり、ニキビや肌荒れを起こしやすくなるんです。

また、ターンオーバーを活性化する働きもありますから、古い角質と一緒に肌内の毒素を排出しようと肌が活発に働きすぎてしまいます。

老廃物を排出する時には皮脂も出やすくなりますから、毛穴詰まりを起こしやすくなるんです。

プラセンタは肌に色んな効果を与えてくれて、保湿やニキビケアにも役立ってくれます。

ホルモンバランスの崩れによる肌トラブルにも効果的で、美容に関係するホルモンのエストロゲンの分泌を活発にしてくれて、なめらかなしっとり肌を保ちやすくしてくれます。

それが活発に働きすぎてしまって、好転反応としてニキビや肌トラブルが起きてしまうんですね。

アレルギー反応で出てしまう

人の体質はそれぞれ違っていて、何かのアレルギーを持っている人もいますよね。

プラセンタは色んな栄養を含んでいますから、何かの成分がアレルギーを引き起こしてしまうこともあるんです。

アミノ酸量が豊富ですから、たんぱく質アレルギーを持っている人は反応してしまう可能性があります。

原材料には馬や豚が使われていますから、動物アレルギーを持っている人にも反応が出てしまう恐れがあります。

アレルギー症状として多いのは肌の赤みやかぶれ、発疹などです。

喘息やアトピーなどの疾患を抱えている方は症状が悪化してしまうこともあります。

何か異常を感じたらすぐに使うのを止めて、医師に相談して適切に対処するようにしましょう。

睡眠の質が低下する

プラセンタを飲み始めてから、目が冴えて眠れなくなったとか、逆にやたらと眠くて困るという人もいます。

プラセンタには、自律神経のバランスを整える働きもありますから、最初は効果が強く出すぎてしまって、眠れなくなったり、眠たくなったりします。

交感神経が刺激されすぎてしまうと脳が興奮状態になって、目が冴えるので、体は疲れていて、眠りたいのに眠れなくなってしまいます。

副交感神経が刺激されすぎると、逆のことが起きてしまうんですね。

自律神経が整うまでの数日くらいの好転反応なので、それほど心配する必要はありません。

寝る前にプラセンタを飲んでいるなら、朝や昼間に飲むようにして、タイミングをずらせば睡眠に与える影響も少なくてすみます。

飲み始めは量を減らしてみるなど、体が慣れるまでは量を調節してみるのもおすすめです。

むくみや太るなどの症状

プラセンタで色んな体の変化を感じる場合があります。

体がむくみやすくなったり太りやすくなる、疲れやすくなる、体臭が気になるようになるなどがあります。

こういった状態はプラセンタの効果が体に出すぎてしまって、毒素などが排出されている状態なんですね。

代謝が良くなりすぎて体内の水分バランスが崩れているとむくみやすくなりますし、細胞が元気になって体が健康になり、つい食べ過ぎて太ってしまいます。

体の機能全般がアップしていて、フル稼働し始めて体がついていけずに、疲れを感じやすくなったり、毒素の排出中で体臭がきつくなったりします。

プラセンタを飲み始めた最初の頃のみに起こることなので、すぐに収まってくれます。

長期化するようならプラセンタを止めて、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。

子宮筋腫や肝機能障害などの症状

サプリではありませんが、プラセンタ注射で子宮筋腫が大きくなるとか、肝機能障害が悪化するケースがあります。

他にも、乳がんになってしまうとか、高血圧になりやすいなどの噂もありますね。

このような意見はあるものの、プラセンタの研究などはまだ未知の部分が多いんです。

プラセンタがこれらの病気の原因だと確定する根拠がありませんから、まだ推測でしかありません。

逆にプラセンタで子宮筋腫が小さくなった人や、肝機能障害が回復した人もいますから、一概にプラセンタが原因とも言い切れないんですね。

プラセンタはホルモンバランスを整える働きがあり、肝機能の回復を促す作用も持っています。

これらの働きが強すぎたり体に負担になってしまうと、元々持っていた病気が悪化してしまうケースもあります。

今の医療技術では、プラセンタが重篤な病気を引き起こしたり、悪化させてしまう副作用があるのかどうか、確定できないです。

効果の穏やかなサプリメントでは起きにくいではありますが、持病を持っているならまずは医師に相談してから、プラセンタサプリを飲み始めるのが大事ですね。

また、プラセンタを摂り始めてから体に異常が出たら、すぐに飲むのを中止して医師に相談するようにしましょう。

-プラセンタについて

Copyright© プラセンタサプリおすすめランキング2019|人気の馬、豚プラセンタ口コミ効果比較 , 2019 All Rights Reserved.